キャッシングやクレジットカードの審査は何のためにあるのか

キャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりする場合には、必ず審査があります。これは、借り入れた分の返済や、利用した分の支払がきちんとできるかどうかを見るためのものです。
審査の主な基準となるものは収入、そして信用情報です。この信用情報はかなり大きな比重を占めます。たとえば他社からの借入や、他のカードの支払が3か月以上延滞していると、通らないことがあります。また、申込の際に虚偽の記載をした場合も、落ちる可能性が高くなります。特に、嘘の勤務先を書いて在籍確認でいなかった場合や、キャッシングで、他社からの借入件数をごまかして書いた場合などは、その時の申込のみならず、後々まで影響することがありますので、決して嘘は書かないようにしてください。
また、債務整理をした場合は、当分の間は新規にキャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりすることはできません。任意整理の場合は5年、自己破産の場合は7年ほどで新規の借入やカードの申込ができるようになりますが、整理の対象になった業者の借入、または申込は難しいと考えてください。

レディースローンについてはレディースローンLR92※内緒で借りられる主婦のカードローン